泌尿器の病気を扱う外科

尿路が狭くなる病気

男性

泌尿器科は腎臓・尿管・膀胱と尿道からなる尿の通り道である尿路の病気と精巣・精嚢・前立腺や陰茎からなる男性生殖器の病気を診察し、必要があれば外科的に治療する診療科です。尿路の病気には、細菌による腎盂腎炎や膀胱炎などの尿路感染症があります。泌尿器科では感染をおこしやすくする尿路の異常がないかを調べます。このような閉塞性の病気としては、男性の前立腺肥大症・膀胱出口閉塞症や子供の後部尿道弁や腎盂尿管移行部閉塞などがあります。尿路にできる腎結石や尿管結石はX線検査や超音波検査で診断され、体外衝撃波砕石術や後腹膜腔鏡下手術などの治療がおこなわれます。外傷に対しては、画像検査による診断と再建手術による治療がおこなわれます。

がん・腎不全と他の病気

腎臓・副腎・前立腺・膀胱・尿管・精巣や陰茎など泌尿生殖器のがんに対しては、化学療法や放射線療法を併用して外科的治療が実施されます。増加している前立腺がんに対しては、血液の前立腺特異抗原PSAでのスクリーニング検査やMRIなどの画像検査によって診断され、ホルモン療法・放射線治療や外科手術によって治療されます。末期腎疾患や腎不全の治療として、泌尿器科では腎移植をおこないます。泌尿器科ではまた男性の性機能不全や不妊に対する治療として、薬物療法や精索静脈瘤の手術治療などがおこなわれます。さらに女性に多い尿失禁や間質性膀胱炎などの治療や、子供の停留精巣・尿道下裂や膀胱尿管逆流症などの先天異常の治療もおこなわれます。

Copyright©2015 尿失禁の悩みは治療で解消しましょう~悩み解消でラクラク快適生活~ All Rights Reserved.