大切な場所だからこそ

医者

池袋には、人口に応じた数だけ泌尿器科が存在しているようだ。泌尿器科の特徴と言えば、男性・女性を専門に対応しているクリニックなどが存在しているのである。そんなことから、性別に応じた理解を示してくれるのが特徴であるだろう。

詳細を確認する

生活の質を下げないため

看護師

泌尿器科は尿路や生殖器の疾患を診療する科目であり、生活の質を下げる症状が多い。症状を自覚したならばすぐにかかる必要がある。生活の質を下げる尿失禁は症状もさまざまで治療法も異なる。深刻な状況になる前に、違和感を感じたらすぐに相談することをすすめる。

詳細を確認する

尿が勝手に漏れる病気

ペニシリンがあれば梅毒を早めに対策することもできます。どのような方法で効果を得られるのか確かめておきましょう。

年を重ねるにつれて多くなる尿失禁を改善したいならこちらのサイトをチェック!症状を直すことができるさまざまな方法を紹介しています。

高齢者だけではない病気

男性

尿失禁とは、自分の意志に関係なく尿が漏れてしまう病気です。たとえば、急に立ち上がったり、咳、重いものを持ち上げた時に尿が漏れてしまいます。尿失禁は高齢者に多いというイメージが有りますが、実は若い人や中高年もなります。特に女性は尿失禁になりやすく、50歳代の女性の40%が尿もれをしたというデータもあります。この尿失禁の一番厄介なことは、恥ずかしいので病院に治療を受けられない方が多いことです。そもそも尿失禁は、別段、命にかかわる病気ではないので、緊急性はないです。しかし、いきなり尿漏れを起こすことから、日常生活で快適に過ごせなくなります。自由に旅行に行ったりスポーツも楽しめないので、日常生活に支障をきたす病気です。

治療のための方法

尿失禁は、病院に相談すれば確実に治すことができます。まず軽い尿失禁の場合は、尿道の周りの外尿道括約筋を鍛える骨盤底筋体操での治療が有効です。そもそも尿失禁の原因は、尿道の周りの筋肉がしっかりしていないことが挙げられます。この筋肉には尿を外に出さないようにする働きがあるので、毎日体操を行えば改善します。この体操をこまめに行えば、早い人で1ヶ月、遅い人でも3ヶ月くらいで効果があります。この骨盤底筋体操で改善の効果がない場合は、内服薬での治療となります。主に処方される内服薬は、抗コリン剤、β受容体刺激薬、α受容体刺激薬などです。これらの薬には、膀胱に尿が貯まりやすくなり、尿道を締めて尿失禁を防ぐ効果が有ります。

泌尿器の病気を扱う外科

男性

泌尿器科は尿路と男性の生殖器の病気を扱う診療科です。対象になる泌尿器科の病気には、尿路感染症・前立腺肥大症・尿路結石、腎臓・前立腺や膀胱のがんや腎不全があります。男性の性機能不全や不妊に対する治療・女性に多い尿失禁や子供の停留精巣などの治療もおこなわれます。

詳細を確認する

Copyright©2015 尿失禁の悩みは治療で解消しましょう~悩み解消でラクラク快適生活~ All Rights Reserved.